「敷楽®」継承のヒストリーそして未来へ

「敷楽®」継承のヒストリーそして未来へ

株式会社オリザは、現代住宅構造にマッチするアレルギー予防畳を開発するため、専門医師らとあらゆる人工畳表を取り寄せて数年間に渡り実験研究を行いました。その結果、条件を満たす日本で唯一の人工畳は、東レ株式会社製の洗える畳「敷楽®」でした。

「敷楽®」は、人と地球に配慮した安全面、機能面において圧倒的に優れた品質です。私たちは、様々な実験によりその事実を確認しております。

以来、20数年間に渡り「敷楽®」と共に歩み、ユーザーの皆様へ新しい畳のかたちをお勧めする事業を展開して参りました。

然し平成30年3月で、製造販売会社である、東レぺフ加工品株式会社様は長年の「敷楽®」の畳表事業を収束されました。

そこで、株式会社オリザはこの素材の製造機械設備一式と商標をご譲渡いただきました。私たちは、東レ開発技術「敷楽®」を正確に受け継ぎ今後もアレルギー予防の畳づくりを継続して参ります。

更に、今後は独自の進化を続け、素材の完全リサイクル化を目指して参ります。
脱プラスチックという一方向からの解決ではなく、私たちなりの答えとしましては、脱使い捨てを目標にかかげ商品の長寿命化、ごみの削減に積極的に取り組んで参ります。

  • 「敷楽®」の譲渡

    これまで、東レぺフ加工品株式会社様製造販売の敷楽畳表は、このほど、弊社株式会社オリザへ商標ともども譲渡が成立いたしました。(H30・3月譲渡完了)

  • 「敷楽®」の原糸製造開始

    弊社では、畳糸の原糸を一本一本を製造する機械設備一式と、その技術を東レぺフ加工品様より学び、製造方法を継承しました。
    いよいよ敷楽商品は自社工場で生産可能となり31年1月から本格的に敷楽製造を開始いたしました。

  • 「敷楽®」の畳表織加工開始

    原糸製造後、その一本一本を畳織り上げる工程も自社工場へ内整化しました。これにより、しっかりとした品質管理と、
    無限のデザインバリエーションを追求していくことができるようになりました。

  • 「敷楽®」畳表の販売開始

    これまで、東レぺフ加工品株式会社様よりご購入されていた敷楽のご愛用者様、また、高品質の洗える畳を求められるユーザーの皆様へ今後広く販売をさせていただきます平成31年3月より敷楽販売開始いたします。

〈敷楽に関するお問い合わせ先〉
株式会社オリザ 敷楽事業部